この1年。

Category : 浮世の「うっ!」
1年間。
いろいろ考えてた1年間だった。
まあ家人に言わせれば遊び放題の1年でございましたのでしょう。
どれだけ遊んでいたかを思い知るに、
この現状を授けてくれたようにも思え、
これも割りとしてはとんでも合わない帳尻になってはいるが
それを言っちゃあバチあたりか。

仕事のためには生きたくはない、と近しい人が言う。
ああ、それは真っ当だし、誰もその意見に口を挟む権利はないな。
仕事なんてものは生活の糧にしか過ぎない。
仕事に生き甲斐なんて求めると後でとんだ目に遭うぞ。
家庭のために生きようが愛人のために生きようが
趣味に生きようが、他人の生き方なんて
所詮僕の預かり知らぬところであって
そのことで互いがぎくしゃくすることでもない限り、
お好きに生きたらよい。
けど仕事“だけ”に生きる人は多分何かが足りないはずだ。
かつて僕の周りはいわゆるその筋の関係者ばかりで
にもかかわらず年に一度しか会わなくても仕事の話はしない。
なぜならヤボだからだ。
けど仕事の話以外に話がない人はもっとヤボである。
そのヤボさ加減はきっと仕事がこさえたのだ。

正直僕はかつての本業しかできないと思っていた。
まともに営業すらしたことがない本業。
よく20年もやってこられたものだと笑える。
これも周りの人々のおかげです。
これを取ったら何もないんだ、オレ…なんてのは
メランコリックな自分に酔ってるだけで
オンリーワンなぁんてのは
思い込みのウンコみたいなものだったともわかった。
しかし、今は上司に怒られながら
廊下に立たされた小学生のように縮こまっている。
何なんだ、これは?
そして自分の知りたくもない、触れたくもない、見たくも聞きたくもない
雑多で瑣末な事柄にも否応無く関わらなければならない。
詰まるところ、仕事とはとんでもなく平たく言えば
ルーティンだ。そこにはいろんなルーティンがあるだけだ。
見えないマニュアルがあるはずなんだから。

「その“つもり”で臨めば何でもできるんだ」
ほら!こんな人生訓は一番嫌でしょう。
僕は何かを成就させようとか、出世しようとかはもう思わない。
つまりは「豊かな生活」とは何なのかを今、考えているだからだ。
だから先の上司が呑み屋で説教するようなフレーズは絶対言わない。
そんなの人から見れば「あんたの勝手」にしか過ぎないしね。

朝の車両の乗客はほぼ固定されていて
どの顔も冴えなく、朝からどっと疲れが滲み出ている。
この顔ぶれを見ていると…どうもこんなことを考えてしまう。
今は嫌なことは頭から消去させる。
迷惑メールのフォルダに入れている。
嫌なことを考えて嫌になるときっと本当に嫌になって
何もかもが色あせて見える日が必ず来る。
だから寝不足と腰痛にさいなまれ始めたら辞める。
そんなに長くない人生を仕事だけに生きたくはないのだ。
“まとも”であればあと3年もしないうちに定年年齢。
けれど実は今からの3年は僕にとっては途方もなく長いんだな、これが。

うちの顧客は他とはひと味もふた味も違う中々に年季の入った先輩諸氏。
もちろんビジネスとして介護を捉えているだけに
そう、それだけに色々わかることも増えてくるんですな。
なぜ圧倒的にする人が少ないか。
ここに問題意識をスライドしないことにはいつまでたっても
この業界は永遠に変わらないだろう。

とかなんとか言ってもうすぐ「来年」と言われる年になる。
来年が(も)皆さんにとってよいお年になられること
切に祈っておりますです。
今年にグッバイ!

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!