死ぬ気で生きた巨大な女神、逝く。石岡瑛子さま。

Category : 追悼…
瑛子

僕がグラフィクデザイン(そしてデザイナー)というものを意識し、
その道に進もうと決意したきっかけは小学生高学年で出会った
横尾忠則氏であった。
とにかく吸い寄せられるようにその世界へ導かれた。
強烈な出会いだった。
今思えば、アッパーで、かつアンダーグラウンドな作風は
職人としての手仕事ゆえの説得力に満ちていて、
切っても切り離すことのできない印刷への深い造詣と共に
プロとはこうあるべきであるという一つの示唆を
未熟者の僕に知らしめた。

時をほぼ同じくしてオープンした池袋PARCO(PARCO一号店)は
小学生5年から越境で京浜東北線で通っていた僕にとっては
決して遠い感覚にはなかった。
生まれた東京を離れて(東京が嫌でたまらなかった)
やがて20歳を越えた僕が、尽きぬデザインへの道を
ただ憧憬の片隅に追いやっていた頃、
その先鋭的な、媚びないビジュアルを放つ
PARCOの広告に目をみはるようになっていく。
いわば商品力の訴求というよりも
社会と女性との新しい関係性を企業の広告戦略に持ち込んだ
画期的なビジュアルは当時の僕にとっては
グラフィックデザインの影響力や単純にその生業を
“カッコいい”と思わせるに充分なミーハー的欲求を満たしてくれたのである。
イラストレーターの山口はるみやコピーライター(当時この響きは素敵だった)の
小池一子、そしてアートディレクター(デザイナーと呼ばないこの“肩書き”にも憧れた)の
石岡瑛子の名を知ることとなる。
個人消費・ジェンダー・時代性をひとつの太くて逞しい女性像として浮き出しながら
次々と時代そのものに挑戦していったひと。
その石岡さんが亡くなった。
1936年生まれの横尾さんとは2歳しか違わない。

ちょうど一年ほど前、演劇の稽古の日々の中で見たNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で
「死ぬ気でやる」とつぶやくように“吠えて”いた石岡さんを見て
当時の自分は今までに死ぬ気で何かやったことなどあるだろうか、と自らに問うたことを思い出す。
そんなひとは実際はそんなに居ないのだとひとりごちて、
やっぱり自分は卑怯な人間なのかも知れないと思ってみたり…

1. 誰にもまねできない
2. 革命的
3. 時代を越える


石岡さんの三か条。
この言葉はあらゆる分野で牽引してきた大先輩に共通している
怒濤の時代を生き抜いてきたとんでもなく強い意志の表れそのものであり
今となってはアナクロにさえも聞こえるこれらも
燃えるクリエイターが抱くべき普遍なのである。
デザインに特化して言えば次の言葉などまさに五臓六腑にしみわたるぞ。

「デザイナーは、情報の奴隷になってはならない。
あくまでも自己の創造力を開発するための有効な引き金にすぎない」

「大切なのは、語り手の内部に在る”血”をデザインし、
“汗”をデザインし、“涙”をデザインすることではないだろうか」

「デザイナーとして1番大切なことはDISCIPLINE(訓練・鍛錬)である」
(ディシプリン…か。クリムゾンのアルバムにありましたな…)




あなたは正真正銘世界の才能だった。
ご冥福をお祈りいたします。


瑛子顔

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!