他意も無く、邪気も無く…「古川由佳個展 イロイロ」

Category : 現代美術シッタカぶり
古川由佳1

古川由佳2

3月16日→22日【ギャラリーマロニエ4】

おおよそ飛べそうもないフラミンゴとおぼしき鳥たちが
首をかしげて、うなだれて、とぼけてみせる。
彼らの「衣装」の鮮やかなこと、この上ない。
単純でファンキーで軽やかで、何より楽しい。
作家が楽しみながら一気に作り上げた様子が手に取るように見える。
接近してみると、コイリングで巻き巻きした布は、タッグがついている。
「取り扱い」だの「コットン100%」だの「KITANO」だの
「洗濯は…」だの…ジッパーもボタンもついたまま。
このレディメイドさで、怪鳥たちともっと仲良くなれそうだ。
「その辺の生地です、僕たちは…そんなわけでよろしく」の鳥たちの声。

過去ファイルのどれにもない、
清々しい「明快」さが今回の特徴とすれば
シニカルな過去のテーマは
ファイバーアートとの相性があまりよろしくない。
イラストをさまざまな布で織り上げても、素材は生かしきれない。
もう風刺は要らない。
必要なのは布の触感と軽やかさを“思う存分”“思うがまま”に
表現して、独自のフォルムを創り上げること。
そしてシルエットを創ること。
屈折したアートは他の人にまかせておけば良い。
あなたにはこのスタイルを貫いて欲しいと願うは僕の我がままか。
成熟されてきた布たちの「成り行き」やいかに。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!