い か ほ ど の な に が し。

Category : ロートル介護職員誕生
さてヘルパー集中講座も前半修了。
6日も一緒に居ると人間なんとなく仲良くなるもんなんですね。
まぁ、何となく…ですが。
資格を取得するためにやってきた20代から60代の24人は、
すでに進路が決まっていたり、
まだ迷っていたり、漠然としていたり……
それぞれに向かう温度も微妙に違っていたりする。
耳から入ってどこへ落とすのか。
講義や講座の類いにはとんとご無沙汰しているので、
堪え性が無くなって、こういった座学の捕まえ方、落とし方がヘタだ。
結局テキストを読み直すしかない。
11日間の通学学習で一体“いかほどの何がし”を得ることができるのか、
実習授業となると、もう万歳したくなる…。
なにせスピードが早く、置いてけぼりにされそうになる。
でも救われるのは、自分のためにというよりも
ここに居るみんなのために、という感じで
実習などは互いに声かけしあいながら
確認しながら進めていく。
この感じは中々にいいんです、年齢とか越えてますから。
そう、アタマでは段取りはわかっているのに、
いざみんなの前で実演(っていうのか?)すると
真っ白になる。(のは誰でも一緒だった!)

来週からパート2なウイーク。
模擬実習なんて講師に怒られそうだな、
「何勉強してきたの!」ハハハ…

以前の仕事場でのテクニカルな部分は
ここでは全く通用しないことがわかる。
全て忘れなきゃ…
それと車椅子ひとつとっても、もっとなんとかならなかったものかと思う。
あれでは職員に腰を悪くしなさいと言っているようなもの。
ここで“始末する”と後々苦労することを痛感した。

ここで学ぶことは介護の「やり方」よりも、介護者の「心がけ」。
何せ相手さんのADLは現場へ行ってみなくちゃわからない。
現場のやり方、施設ごとのローカルルールもあるでしょう。
もっとも「自立支援」の基本をしっかり押さえるというのが
実は大変難しかったりするのだが。
講師が言うところの「魔の手」。
健側(けんそく)につい介護者の手を伸ばしてしまう、かばってしまう。
助けようという意識よりも、できることはできるだけ自身でしてもらうという
自立支援の意識は、これまたアタマでわかっていても…
つい手が出てしまうのである。
「介護福祉士の実技テストだったら一発でアウトだからね!」
なるほど…二人の試験官は片時も目を離さず…うぅ。

仕事から離れて早12日。
プーなジージだ。
朝歩きと体操でカラダは徐々に戻りつつあるが
体重は中々減らない。なんせメシも酒も旨いんだから…

施設実習の頃は花見頃。
スカッとした気分で花見酒をやりたいもんだわ、いや、ホンマ…

おっと、それよりキチンと就職せねば!

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!