「 ART KYOTO 2012 」見聞記(その弐)

Category : 現代美術シッタカぶり
4月27日→4月29日【 国立京都国際会館アネックスホール 】

とてもオトコっぽい作品なんですが、
牧田愛さんという女性のいわゆるハイパーリアルな作品です。
正直言うとちょっと昔に“もてはやされた感”の作風にも思えますが、
よく見ると女性ならではの視座というか、見方が感じられるところです。
作品は共通してバイクのエンジン部分なんですが
全体にひたーっとした静けさ、なんというか、
これから爆音を響かせて路面に出ていく前触れの
静けさみたいなものが感じられます。
シッタカはこの作家さんのことは知らなかったので
個展に行かれた方のブログを拝見しますと、
実際には無い光を描き込んであるとのこと。
作家のその辺のさじ加減が、
この作品にクールなエロチシズムを与えているのでしょう。
シッタカはバイクには乗れませんが単純に憧れます。
車と決定的に違うところは、
バイクはスタンドを立てて止まっている姿と
疾走している姿、加えてコーナーリングの3つの
それぞれの美しさを兼ね備えた希有な乗り物です。
そう、ソフトマシーンというバンド名は
あのウィリアム・バロウズの小説からいただいたものですが
牧田さんの絵を見ていたら、この言葉がアタマの中で響いてきました。

↓牧田愛さんの作品(あえてフレームはカットしました。この感じがいいので…)
CIMG7668.jpg

CIMG7669.jpg

CIMG7670.jpg

バイクと同じ「男子系」(今では女性ライダーもかなり増えたようです)の
ミニカーをモチーフにしたカラフルでホッと優しい絵。
ジェレミー・ディッキンソンさんという方です。
この方は子供の頃からミニカーのコレクションをしていて6000個(!)ほど
アトリエの棚の引き出しにしまってあるそう。
けれど、カーマニアでもモーターショーにも全く興味は無いけれど
廃車置き場なんかで錆び付いた車を探すのが好きだそうです。
絵を見てわかるのは新品が無いこと。
彼は名も知らぬ子供たちが夢中になって遊んだ歴史がある車を集めています。
傷だらけで歪んだ、味のあるミニカーたちは
いろいろシリーズがあるそうですが、今回のは「スタッキング(積み重ね)」シリーズ。
この重ね方も色合いとか大きさとかにいろいろとこだわりがあるようで、
画面の間のとり方が絶妙で、洒落てます。粋というか…。
現役を降りた車の一抹の寂しさや
遊ばれた時を過ぎたミニカーの侘しさが明るい色合いの中で
ちょっと顔をゆがめて笑っているようにも思えます。

↓ジェレミー・ディッキンソンさんの作品
CIMG7680.jpg

CIMG7681.jpg CIMG7682.jpg
CIMG7683.jpg


さて、こちらは写真か、絵か、それとも映像のワンシーンか、と
独特の世界へあなたを誘う進藤環さんの作品。
結論から言うとですね、この絵は現実にはありえない光景が描かれています。
ゲームの空間に居るような、定理というものが存在しない世界。
かと言って、混沌とした目眩のするような
“心持ちの悪さ”をうかがわせるものではありません。
その場に立ってみたい誘惑にかわれる、と言ったらいいか…。
これは写真をコラージュして、それを下絵に描き込んだり、カラーコピーを施し、
さらに撮影して一枚のプリントに仕上げたものです。
手が込んだだけあって、見れば見る程、引き込まれていきます。
最近、このように「素材」を一度解体し、さらに加工して、
制作過程が全く想像できない作品の傾向が増えているような気がします。
プロセスの妙味というのでしょうか。
中にはあえてアナログな段取りを経た(それだけに“読めない”過程の)
ものもあり、シッタカも参考にしようと思っています(ってお前は作家か)

↓進藤環さんの作品
CIMG7692.jpg
CIMG7693.jpg
CIMG7694.jpg

会場前にも何点か展示されていたのが横田千明さんの作品たち。
シッタカは会場内の豚と牛に惹かれました。
畳にごろんとして、せんべい(あれ、クッキーだったか…)をはさんでいる豚。
ほらっ、誰かを想像したでしょ! 
超巨乳な牛。一体誰の為の乳なんでしょ。重くて起き上がるのがしんどい…。

↓そんな横田さんの作品です。
CIMG7722.jpg
CIMG7723.jpg



では次回をお楽しみに!

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!