「 白水 麻耶子 〜 泳ぐ島々と浮かぶ人々 展 」

Category : 現代美術シッタカぶり
2014.2.22〜3.2【 SELF-SO アートギャラリー 】

この作家にはカタチを自分に引き寄せる引力があります。
作品を見ていて“この人”からだけに感じる特別な磁気のようなもの。
一見すると土着的な匂いやプリミティブな気配を放つ作品に思えますが、
しかしそれぞれの対象の描き方とこの人ならではの造形力というのか、
つまり、それが冒頭に述べた「カタチを引き寄せる」ということなのですが、
その気負わない作風は作家の生き方そのものなのかも知れません。
だからなんだか自分の方へ集まってくる…それは白水さんの描く多くの動物が
僕も描いてよとぞろぞろと近寄ってくるイメージ、ですか。
立体からも平面からもブローチや面からも
僕が感じたのは「憧憬への旅」でした。
まるでアンリ・ルソーの「眠れるジプシー女」の横たわる女が
見ている夢に出て来る光景を勝手に想像してしまいます。
強烈な生への執着と同時に、誠に不思議なのですが、
人間たちの奇妙な業のようなものも垣間見えて、
この二つが同居している、そんな感じも受けました。
しかしそのどちらも至って飄々と、言い方を変えれば
安穏とした空気に満たされています。
典型的な京町家の通り庭から店の間に上がった瞬間に
鷲掴みにされたあの感じは独特なものでした。
部屋の至るところに指の先のようなオブジェが置かれ、
作者のいたずら心もちょっぴり覗けました。
「泳ぐ島々と浮かぶ人々」とは
なんという素晴らしいタイトルでしょうか。
無性に旅に出たくなる、そんな気持ちにさせてくれる個展は
どうやら京都初ということで、
白水さんは大阪生まれで金沢美術工芸大学の陶磁コースで学ばれています。
出自が陶芸ということに驚いてお話を伺うと、
シッタカはいつしかアタマの中で、なるほどと膝を打っていました。
平面作品の立体的な見せ方と、立体作品に見られる平面的な部分との
絶妙な折り合いはこうして(というか白水さんは至ってのんびりしていますが)
出来上がったものなのだと理解できました。
平面を作っている時に立体を考えて、またその逆も考えて…ということで
どちらにも行ったり来たりしながら制作しているとのこと。
でも、この自由さ、その爽快さはどこから来たものなのでしょう。
白水さんを見ているとあらゆるものを受け入れる大らかさと
こんなにも特徴的な作風なのにおしつけがましさのない、
湧き出る様な、沁み入るようなイメージの豊かさを持った、
正に豊穣な素材感を全面から感じます。
何の変哲もない“木っ端”に表情を与え、語らせる手腕は
持ち前のセンスの素晴らしさからだと思います。
素敵な作品をこうして文章にするのは本当に難しいですが
少しでもあなたに伝わったでしょうか。
広島に在住の白水さんですが、その動機もふるっています。
なんとなく好きで、ここに住めそうかなと思ったからと仰ってましたが、
風のように自在に、鳥のように自由に、
泳ぐ島々のように何事にもとらわれずに作品づくりをされる
白水さんらしい言葉だと思いました。

白水さんのオフィシャルサイトです。
ぜひ寄り道してみてください。
http://www.mayakohakusuiii.com/works/


CIMG0814.jpg

CIMG0816_2014030519465395f.jpg

CIMG0817.jpg

CIMG0818_201403051948130b4.jpg

CIMG0823.jpgCIMG0826.jpg
" />

CIMG0827.jpg

CIMG0829_2014030519515267c.jpg

CIMG0830_20140305195220144.jpg

CIMG0831.jpg

CIMG0832_2014030519532631c.jpg

CIMG0833.jpg

CIMG0834.jpg

CIMG0836_20140305195545b99.jpg

CIMG0838.jpg

CIMG0839.jpg

CIMG0840.jpg

CIMG0849.jpg

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!