「 キューティー&ボクサー 」

Category : ドキュメントDVD
キューティ&

監督:ザッカリー・ハインザーリング

29歳のザッカリー監督がこの二人と出会ったのはたまたまに過ぎません。
有司男さんのインタビューによると、
知り合いのカメラマンを通じて会った監督が
「僕らの“アートでのたうって”生活しているのを見てびっくりしたんじゃないの」
ということで他の仕事を終えてから毎週通いつめて5年間。
「2,3年たつころには彼らの存在はまるで炊飯器や洗濯機のようになり、
こっちも意識せずに自然体でいられました」と有司男氏は語っています。

このドキュメントが成功
(させるために作ったとも思えないところが実に好感が持てます)
したのは「彼らの芸術」を撮るのではなく、
その芸術を作った本人たちを撮ったからです。
現代美術家のドキュメントというと、
まず間違いなく本人が懇意にしている著名なアーティストが登場し、
きらめくような賞賛・賛辞の言葉で埋め尽くし…
ここでは本人を取り巻く芸術環境というものに焦点をあててはいません。
ブルックリンの雨漏りのする古いアパートで生活する彼ら夫婦の生活そのものが
この映画の全てであり、彼らがかわす会話とたわいもない諍いが
芸術家以前の人間として魅力的に描かれます。
等身大のアーティストがここに居ます。
家賃をどう払うかという、生臭くも生きていくための必要経費の話も
ごく当たり前に会話します。
つまり悠々自適な生活ではないけれど、
それなりに二人は豊かであるということ。
何を担保として豊かであるかなんて本人が思えばいいことですから。

美術を勉強しに19歳で渡米した乃り子さんが
“出会ってしまった”21歳年上の篠原有司男さんにとって
自分はアシスタントに甘んじる気は毛頭ない、という決意に
ささやかながらエールを送りたい気持ちになるのも
有司男さんのキャラクターによるところがあるのかも知れません。
切羽詰まった生活の中にあっても、自分の芸術について一切の妥協はしない、
でも売れないと生活できない、という
リアルな生態は同時に鑑賞者に
「もっと売れてもいいのになぁ」という気にもさせます。
夫婦の二人展にしても、ちょっとダンナは面白くなさそうです。
その表情も態度も少年のように無垢?です。

滋賀県立近代美術館で見た有司男さんの立体作品は
確かに相当に経年した、埃臭さと褪せた色合いの
エグ感に満ちたものでした。
映画の中でも「人気がないのはエグいから」というような説明もありました。
しかしどこから見てもこれは有司男さんしか作れないものであり、
なおも作り続けるに必要なスタミナというものも
これらの作品からほとばしります。
有司男さんと言えば「ボクシング・ペインティング」が有名ですが
これとて映画の中では「何も考えないからいいんだ。
そこがポロックと違うんだ」というような
主旨の発言もあり(ご本人の発言ではないのですが…賛否両論、ですか)
難解な解説も作者のステートメントも要らないほどに
ここにあるのは「潔さ」の一言に尽きます。
有司男さんの芸術家としての歴史を見れば
岡本太郎に「ひたむきなベラボウさ」と評された、
エネルギーの塊のような、カンバスへの狂気じみた発露ともいえる
一途さがどれほどにセンセーショナルなものだったかを知ります、
が、50年以上が経過して、雨漏りのアパート暮らしであることが
同時に「売れない」ということの切実さをも物語っているのです。

これはアートに全く関心のない方も見ることのできる、
専門的な話もギョーカイの話も登場しない、
或る夫婦の物語として楽しめ、共感できるドキュメントです。
それにしても乃り子さんは、
むしろ現在の方がフォトジェニックであるということに
フシギと痛快な気分にさせられて、
互いに喧嘩しながら(なんでもこれが円満の秘訣だとか)
このままでいて欲しいなどと勝手に思うのです。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!